Google AdSenseの審査をたった3記事で通過する方法

ライフスタイル
スポンサーリンク

こんにちは。Ryuya(@nokount1)です。

 

先日、初めてGoogle AdSenseに申請しました。そう、審査が厳しいと噂のやつです。ところが、、何とその審査を無事に通過することができました!しかも、たった3記事で!

確かに、運がよかっただけなのかもしれません。しかし、自分なりに考えた対策がGoogleの意表をつけたからこそ審査に通過できたと自負しています。

 

前置きが長くなりましたが、今回はGoogle AdSenseの審査を通過するために、実際に私が試した対策をお伝えします。

 

「最低でも30記事は必要」とか「WordPressのテーマは有料が良い」とか言われている中、それらを全く満たしていない、ペーペーの私が審査に通った方法です。

 

しかもその方法は30記事書くよりもはるかに簡単で、誰でもできる方法です。

なかなか審査に通らずに途方にくれている方は特に必見です。

スポンサーリンク

Google AdSense申請時の私のブログ状況

まず最初に、私がいつブログをはじめ、いつ申請したのか、その時のブログの状況がどうだったのかをご紹介します。これでも審査に通るということが、視覚的にも伝わればと思います。

 

「備考」の(※)はこの見出しの下側に記事の概要を記載しています。「こんな記事を書いていました」というものですので、参考としてご覧ください。

 

日時 内容 備考
2018/9/4 XSERVERに登録 サーバのレンタル
  お名前.comに登録 独自ドメインの取得
  WordPressに登録  
この期間はブログの勉強と記事の調査や作成
2018/9/6 Google Analyticsに登録  
2018/9/7 最初の記事を公開 (※1)
この期間はブログの勉強と記事の調査や作成
2018/9/10 2つ目の記事を公開 (※2)
2018/9/12 Google Search Consoleに登録  
  A8.netなどのASPに登録  
  3つ目の記事を公開 (※3)
2018/9/13 Google AdSenseに申請  
2018/9/14 4つ目の記事を公開  
この期間はブログの勉強と記事の調査や作成
2018/9/18 Google AdSenseの審査を通過  

 

記録の限りではこのような流れでした。

一部補足しておきます。

 

  • WordPressのテーマは無料のCocoonを使用
  • ASPに登録はしたものの、それ以外のことはやっていない(広告収益はゼロ)
  • 基本的に作業日は平日のみで、土日祝は休みを謳歌

 

というルールでやっていました。ブログの公開も2日に1記事を目処としています。

——————————————————————————————————————————

(※1)

記事:【退職することに不安を感じる…そんな不安を解消するためにやるべきこと】

文字数:3835文字

概要:退職したいけど先のことの不安を感じることが誰しもあるはず。

   不安とうまく付き合う方法を書いた記事。

URL:https://ryuyablog.com/nextstep

 

(※2)

記事:【円満退社に向けてやるべきこと】

文字数:5416文字

概要:(※1)の続き。退職しようと思った方が実際に退職に至る間にやることを書いた記事

URL:https://ryuyablog.com/forretire

 

(※3)

記事:【衝撃!グアムでできる実弾射撃】

文字数:4298文字

概要:グアムで何をするか考えている方へ、日本では味わえないオススメの体験を書いた記事

URL:https://ryuyablog.com/shooting

——————————————————————————————————————————

Google AdSenseに通るために最低限準備すること

当然のことですが、ただ闇雲に記事を書いているだけでは、審査に通ることはできません。

 

激しい運動をする前は必ず準備運動しますよね?それと同じで審査に通るためにも、事前準備は怠らないようにしましょう。

 

ここでは主に

  • Google AdSenseの特徴
  • 審査までに設定しておくこと

を紹介していきます。

Google AdSenseの特徴を知ろう

ただ闇雲に記事を作成しても仕方がありません。その前にまずは、Google AdSenseとは何者なのか知りましょう。いわゆる特徴というやつです。

 

例えば、歌手のオーディションが開催されるとして、審査員はそこのあなたです。他の候補者が歌を披露する中、私(筆者)は素晴らしいダンスを披露しました。あなたは私を合格にしますか?よっぽどの事情がない限り、不合格ですよね。ダンスを披露することは許可されていませんから。

 

Google AdSenseも同じで、Googleが許容していないコンテンツを含んでいた場合は、いくら申請しようと通ることはありません。

 

禁止コンテンツはこちらに記載されているため、自分の書きたい内容が含まれていないか事前にチェックしておきましょう。必ず記事を書く前に確認することを推奨します。

 

Google AdSenseの審査前にここだけは設定しよう

私は、ブログを始めてから申請するまでに以下の設定だけはしていました。

  • Google Analyticsの設定
  • Google Search Consoleの設定

ご覧の通り、大したことはやっていません。とりあえず登録だけすれば問題ありません。

 

おそらくほとんどの方が、ブログを始めるときに設定していると思いますが、未設定の方は今のうちにやっておきましょう。

 

それぞれの設定方法はヒトデさん(@hitodeblog)のサイトで詳しく解説されています。

*Google Analytics*

【2019年10月更新】グーグルアナリティクスの設置・初期設定方法!【最新】|完全初心者のためのブログの始め方
今回はサイトの分析に欠かせない グーグルアナリティクス の初期設定方法を紹介します 手順通りにやれば難しく無いので、さっ

*Google Search Console*

初心者向け!サーチコンソールの設置・初期設定方法!|完全初心者のためのブログの始め方
今回はサイトの分析に欠かせない サーチコンソール の初期設定方法を紹介します 手順通りにやれば難しく無いので、さっさと終

 

WordPressのお使いのテーマによっては、コメントフォームや問い合わせボックスなど、読者から筆者への連絡口がない場合があります。これらの有無も審査に関わってきますので、必ず用意しておきましょう。

 

Google AdSenseの審査に向けて「記事の中身」を充実させる

初心者ブロガーの私は、AdSenseの審査を通るだけの武器を持っていません。

もしも100記事ほど書いていたのなら、審査時にはその100記事が武器となり審査に通る可能性が高いでしょう。

しかし、たったの3記事で審査を通すためには知識も集客力も含め、何もかもが足りていません。

 

そこで私が目をつけたのが、コンテンツの充実です。

AdSenseの審査の中でもコンテンツは重視されていますが、私が意識したのは文字数ではありません。

具体的には

 

  • 書きたい内容をしっかり調べること
  • 相手方が読みやすい工夫がされていること
  • 自分の言葉で書かれていること

 

の3つです。とは言っても、最初から完璧にこなせるわけはありませんし、私もまだまだ未熟です。完成度の問題ではなく、これらを体現する努力が大切になってきます。

ひとつひとつ砕いて解説していきます。

 

書きたい内容をしっかり調べる

当たり前ですが、「なんとなく書く」のではなく、自分の書きたい内容の調査を忘れてはいけません。なんとなく書いた記事としっかり調査して書いた記事では、読み手の印象は180度変わってきます。

 

記事を作成する上で、以下のポイントを意識しておくとスムーズに調査できますよ。

 

  • 誰に何を伝えるか明確にする
  • まとめを決める
  • 記事の核となる部分の基本的な情報→誕生した背景→深く突っ込んだ情報を収集

 

ポイントは上の2つです。誰に、何を、どうして伝えるのかを明確にできれば、自然とまとめ方もイメージできます。それができれば後は調査するだけです。

私は内容にもよりますが、記事を作成するおよそ7割の時間を調査に費やしていました。

 

相手方が読みやすい工夫をする

ただ単に長文が続いているだけの文章よりも、見出しや画像、吹き出しなどを入れている記事の方が読者だけでなくGoogleからの評価も高いです。

 

こだわり過ぎることはありませんが、最低限パッと見たときに見やすいと感じる工夫はしておきましょう。

自分の言葉で書く

これも大切。情報収集した内容をただそのままコピペするのは避けましょう。集めた情報を自分の中に落とし込んで、自分なりの表現でアウトプットできると良いです。

一番簡単なのは自分の考察を盛り込むことです。自分の考えを反映させるだけで、立派な文章を作れますよ。

 

その上で文頭や語尾にも気をつけることをおすすめします。

例えば、確信はないが伝えたい内容があるときは「一般的には〜と言われる」と濁す書き方をし、調査した内容や自身の体験に基づく内容のときは「〜だ、〜です」と書きましょう。主観的な判断をする際に使われる「〜だと思う」は推奨しない書き方です。

 

以上です。

はい。やることはたったこれだけです。30記事書くよりも簡単でしょう?

くどいですが、この方法は何もわからないペーペーな私がたった3記事で審査を通過した方法です。

特別な技術などありませんので、「あ、良いかも」と思った方はぜひ試してください。

  • 申請前の準備は「Google AdSenseの特徴を知る、最低限の設定を欠かさない」
  • 審査に向けて記事の中身を充実させるコツは「とことん調べる、工夫する、自分の言葉で書く」

最後に

今回は、Google AdSenseの審査に向けて、実際に私が対策した内容をお伝えしました。

 

ただなんとなく30記事書くことを目標に執筆している方もいると思いますが、それは悪いことではありません。ただ、記事を増やすことが目標になっていては執筆能力は向上しません。

審査に通過するためには、コンテンツの内容を充実させることも大切です。

サーっと30記事書くよりも、1記事1記事を丁寧に書くことで地に足を着けながら、自分の技量を上げていきましょう。。

そういった意味でも、Google AdSenseの審査に通すために記事を書くのではなく、その先も見据えて記事を書くと良いです。ま、余計なお世話かもしれませんし、私自身もまだまだヒヨッコなんですけどね!

 

ちょっと長くなりましたが、今回はこのへんで終わりにします。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました