入社3年目だからこそ仕事をやめても良いわけと退職後の時間の大切さ

未分類
スポンサーリンク

こんにちは。Ryuya(@nokount1)です。

 

最近は入社して3年目以内に退職する若手が増えています。
実際にやめはしないものの、退職を考える人も相応にいます。

 

「仕事がつまらない、別のキャリアを積みたい、この生活に耐えられない」やめたい理由は色々あります。

 

決断力のある人や夢を持っている人であれば、「仕事をやめたい」とキッパリ言えるでしょう。
しかし、仕事をやめたいと思っても、やめることに抵抗がある人もいます。

 

抵抗がある人は、「入社3年目に仕事をやめてもお先真っ暗、これからのキャリアをどうしよう」と何かしらの不安があるはずです。
中には、履歴書に書けないなどで、退職後の空白の期間を嫌う人もいるかもしれません。

 

今回は、入社3年目だからこそ会社をやめても良い理由と仕事をやめた後の時間の大切さについて紹介していきます。

 

「入社3年目だけど仕事をやめたい」と思っている方が、退職する一歩を踏み出すきっかけになるはずです。

 

スポンサーリンク

見出し1:入社3年目は今後のキャリアについて考える良い機会

どんな職種であれ、入社3年目は今後の生き方について考える良い機会になります。

 

入社3年目はなんとなく社会の仕組みがわかってくる頃であり、世の中の動きや、自分のキャリア・人生設計に最も敏感な時期です。
仕事にも慣れてきて、後輩に教育することもあるでしょう。中には役職に就く人もいるでしょう。

 

そんな時だからこそ、自分が今の会社を引っ張って行くのか、別の道で生きて行くのか、じっくり考えてみましょう。

 

自分に向いている仕事で楽しいのなら、それはとても良いことです。

逆に仕事していて楽しくない、苦手な分野なら、仕事を続けること自体が苦痛です。
今一度、自分が今の仕事をしていて幸せか、自分のものさしで測ってみましょう。そこに他人は関係ありません。

 

入社3年目は、今後について悩むことが当たり前のため、気負いせずに考えてみましょう。

 

入社3年目に仕事をやめることは決して悪いことではない

勘違いしないでほしいのが、入社3年目に仕事をやめることが悪いことではありません。

 

今の仕事が自分に向いていない、自分の思い描くキャリアじゃないと思っても、入社3年目に退職することをためらう方もいるはずです。
というのも全ては「入社してから3年は今の仕事を続けなさい」とよく聞く言葉のせい。

 

「3年は続けないと転職先が見つからない」とも言われますね。

 

こんなこと言われたら、3年目までにやめることは、やってはいけない悪いことだと思ってしまいます。

 

ですが、転職先が見つからないというのは迷信です。

詳細は割愛しますが、新卒3年目までに退職しても、多くの企業は第二新卒制度があるため、
転職には有利な立場です。

 

今の職場をやめても、自分が後悔しないと判断できるなら、すぐにでもやめることをおすすめします。
特に理由なくやめるなど、その場の勢いだけで仕事をやめてしまうと、後々後悔する可能性があるため、注意しましょう。

 

時には嫌なことから逃げることも必要

「この仕事はやりたくないな」と思いつつも、いやいやながら仕事をすることの経験はありませんか?

 

嫌な思いをして仕事をしても何のメリットはありません。

 

どんなにやりがいのある仕事だとしても、その結果連日の残業で帰りは終電。
こんな生活を続けていれば、近いうちに必ず体を壊したり、鬱になったりします。

 

ただただ、身体的にも精神的にも大きなストレスを抱えるだけです。

 

先輩や同期に相談しても何も変わらない、こんな生活耐えられないと思うのなら、
思いっきって逃げ出す勇気も必要です。

 

自分を追い詰めてまで仕事をしても、それが良い結果に繋がることはありません。

時には逃げ出して、自分をストレスから解放してあげましょう。

 

仕事をやめた後の時間は大切に使う

仕事をやめた後の時間は大切に使いましょう。

 

仕事をやめた後は、これまでに溜まったストレスや疲れから、ぐうたらした生活を送りがちです。

1日中ぐうたらしていても、ただ時間だけがすぎます。
その生活が悪いわけではありませんが、最低でも3~4日程度に収めましょう。

 

ぐうたら生活が続いても良いことはありませんし、時間がもったいないです。

退職後の時間はとても貴重なため、有意義に過ごすことを意識しましょう。

 

仕事をやめた後は今までできなかったことができる貴重な時間

仕事をやめた後は、すぐに次の仕事を始める方もいますが、
やめた直後だからこそ、気分転換も兼ねて、その時にしかできないことを思いっきり楽しみましょう。

 

会社員の場合、長期休暇といってもせいぜい1週間くらいです。
中には1週間も休めない方もいます。

普段の休日も不定休だったり、夜勤だったりして、友人とろくに遊べない方もいます。

習い事をしたくても、平日は時間と体力がなくてできないこともあります。

 

これら以外にも、今まで時間がなくてできなかったこと、たくさんありますよね?

 

旅行が好きな方であれば、その期間を使って遠くの地へ旅するのも良いです。
語学を学びたいのであれば、語学教室に通うこともできます。
今まで休みが合わなかった友人とも予定を合わせやすいです。

 

私は、仕事をやめた日の深夜に東京から静岡まで行きましたが、会社員の生活では絶対にできませんでした。今までできなかったことが現実にできることが、どれほど素晴らしいのか、言葉では表現できないものでした。

 

仕事をやめてからのちょっとした空き時間は、長い人生のうちのほんの一握りです。
「周りは仕事してるのに…」と焦るのではなく、せっかくの自由な時間を思いっきり楽しみましょう。

 

仕事をやめた後の時間は客観的に自分と向き合うことができる

仕事をやめた後の時間は、客観的に自分と向き合う良い機会です。
客観的に向き合うためには、心身ともに安定した状態であることが大前提です。

 

次の仕事が決まっていない、やりたい仕事が何もない方は仕事のストレスからそう思い込んでいる可能性が高いです。
仕事からのストレスに解放されれば、自然と心身ともに安定してくるため、自分と客観的に向き合うことができます。

 

そうなれば、この先何をしていきたいのかきっと見つかるはずです。

 

やりたいことがなかなか見つからないのなら、いろんな経験をして探してみても良いです。

 

それでも見つからないのなら、今後の生活でやりたくないことを決めましょう。

大抵の場合は、やりたくないことを見つける方が簡単です。

 

どんな形であれ、自分と向き合うことも大切にしましょう。

 

最後に

入社3年目だからこそ、自分のキャリアについて考えることは大切です。

 

自分が何をしていきたいか、何を目指すのか、自分の人生は自分で決めましょう。会社がどうとか、周りの意見がどうとか関係ありません。

仕事や会社が嫌なら、逃げ出すことも選択肢の一つです。

 

自分の今後が何も決まらないのなら、仕事をやめた後の時間のを大切にしましょう。その時間の中で、自分に最適な生き方がきっと見えてきます。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

また次の記事でお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました